> >

白い被写体を撮るときの注意点

白い被写体は写真が暗くなります

今日のコラムは白い商品を撮影するときの注意点についてです。 まずはサンプル写真をご覧下さい。

  • 青色と白色の同じサイズの毛糸玉を、
  • 同じ位置に置いて、
  • 同じデジカメの同じ設定で、
  • 同じ背景紙を使って、

商品撮影しました。 でも、白い毛糸玉の写真の方がなんだかちょっと暗くて魅力がない感じになっていますよね。すべて同じ環境で商品撮影したのに、どうしてなのでしょう???

答えは、商品が「白いから」

一般のデジカメは「白い」=イコール「明るい」と捉えます。従って、真っ白い商品を撮影しようとすると、あなたのデジカメは「これは明るすぎる、もう少し暗くして撮影しよう」と、勝手な判断をして撮影してしまいます。

その結果なんだか暗くて下手に見える写真になってしまうのです。

対策は?

こんな時は、デジカメの露出補正の設定を変更しましょう。

露出補正の数値をかえることで明るくはっきりした魅力的な商品撮影ができます。露出補正の設定についてはこちら

その他の商品撮影テクニックやコツ


<まず最初に!>基本的な8つの商品撮影テクニック

 

商品撮影テクニック
商品撮影テクニック


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話・ファックス注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方