> >

なぜデジカメのピントがあわない???

手振れもせずしっかり固定して被写体にピントを合わせているのに、いざ撮影してみると画像がボケている。こんな経験はありませんか?

手振れしてなくても、ピンボケは起こります

手振れしないようにしっかり三脚で固定していても、ピンボケは起こります。

その原因は、、、、

明るさが足りないのです!!

 

明るさ不足でピンボケする理由

明るさが足りないと、デジカメは光を取り込む量を増やすためシャッター速度を自動で遅くします。そのためピンボケが起こりやすくなります。

シャッター速度などの専門用語は覚えなくても良いですが、

暗い → ボケやすくなる

ということだけ覚えておいてください。

夜景を撮ろうとしたら、なかなかピントが合わないことと、同じ原理です。

解決策

もちろん被写体の周りを明るくすることです。それによってシャッター速度が上がり、より鮮明で美しい写真が撮れます。

※画像は一切加工していません。

当店の【王様の撮影キット】は100W照明を使っているので、このように明るさが断然違います。

関連コラム:夜と昼、いつ撮るか

 

商品撮影テクニック
商品撮影テクニック


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話・ファックス注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方