最新NEWS:2019.11.18、【王様の撮影キット・スクエア】予約開始しました。

> >

誰もがやる間違った撮影方法

アクセサリーの撮り方を動画で学ぶ↓

違和感の正体は?

商品撮影を始めたばかりの方がついやってしまう間違った撮影についてお話します。

では、クイズ形式でいきましょう。

下の車のフィギュアの写真↓↓は、一見キレいに撮影されていますが、何か違和感を感じますよね。

さて、違和感の原因はなんでしょう??


※当店の【王様の撮影キット】にて撮影

 

答えは、、、

 

 

「写真全体にしめる商品の面積が小さい」のです。

カンタンに言うと、背景が写りすぎってことですね。

 

そのため商品(車のフィギュア)が、貧相に見えてしまいます。

せっかく撮影キットで丁寧に撮影したのに、とってももったいないです。

これぐらいのアップ↓↓で撮影する必要があります。


※当店の【王様の撮影キット】にて撮影

6~8割ぐらいを目指そう

いかがですか?

それぐらい知ってるよ!と思いましたか?

でも実はこの間違いって、誰でもやってしまうんです。

 

わたくし店長の友村は、当店の【王様の撮影キット】をご購入のお客様に写真のアフターサポートを行っているのですが、

このミスをやってしまうお客様があまりに多いです。

 

Aさん:「友村さ~ん、なんだか写真が寂しいんですけど何が問題なんでしょう?」

友村:「これは商品をもうちょっとアップで撮らないと!背景が写りすぎですよ。」

Aさん:「言われてみれば確かに、、、なんで気づかなかったんだろう、、、」

 

みなさん、上の会話のAさんをバカにしてはいけません。

誰でもすぐに改善できるけど、

本当に多くの方が指摘されるまで気づかない間違いなんです。

 

今このコラムを読んでいるあなたも心当たりがあるんじゃないですか??

 

ということで、

今日からすぐに意識して商品を大きめに撮影してみましょう!

目安は、写真全体の面積の6~8割ぐらいを商品がしめるように撮影してみましょう。

被写体が中心から微妙にずれている場合も同様

次の2枚も同様です。

被写体が写真の中心からほんの少しズレただけで、商品自体(車のフィギュア)はしっかりピントも合ってキレいに撮影できているのに、「なんとな~く、ダサい商品に見えてくる」から不思議です。

被写体を中心にもってくる対策

被写体を写真の中心にもってくるには、グリッドライン機能を使いましょう。

関連コラム

その他の商品撮影テクニックやコツ


<まず最初に!>基本的な8つの商品撮影テクニック

 

商品撮影テクニック
商品撮影テクニック


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方