> >

接写に弱いデジカメで拡大撮影したい場合

このページの内容を動画でみる

接写で撮影したい場合

こんな写真が撮りたいけど、こんな写真しか撮れない↓

  • 花びらをアップで撮りたい!
  • フィギュアの顔をアップで撮りたい!
  • 指輪に埋め込まれたダイヤモンドをアップで撮りたい!

でも、デジカメを接写モードに設定しても近づくとピンボケしてしまう。。。

そんな経験はありませんか?

↑フィギュア顔をアップで撮影したい。でも接写(マクロ)撮影モードにしても、ピントが合わない!!

接写機能もピンキリです

「接写OK!」と謳って市販しているデジカメでも、その能力はピンキリです。1センチまで被写体に近づけるデジカメもあれば、10センチまでしか近づけないデジカメもあります。

ギリギリまで近づいて撮影したいけど、ピントが合わない。。。デジカメを買い換えようかな。。。

そう思っている方へ!まだ諦めるのは早いです。

接写に弱いデジカメで接写するテクニック

方法1:デジカメ用接写レンズを取り付ける

Step1

当店で販売中のデジカメ用接写レンズを取り付けます。↓こちらがデジカメ接写レンズ(取り付けネジ付き)です。

一般的なコンパクトデジカメならほとんど取り付け可能です。三脚のネジ穴を使って取り付けます。さらにその下から三脚の取り付けも可能です。

デジカメレンズの先端に虫眼鏡を取り付けたような効果があります。詳細はこのページの一番上にある動画をご覧ください。

 

方法2:虫眼鏡を併用する

Step1

100円ショップやホームセンターで虫眼鏡やルーペを用意します。写真の2つはどちらも100円ショップダイソーで購入しました。

Step2

写真↓のように、被写体とデジカメのレンズの間に虫眼鏡を起きます。虫眼鏡はデジカメのレンズにくっつける感じで添えてください。左手がプルプルしないようにがんばりましょうっ!

Step3

するとここまで拡大した写真が撮影できます。地味ですけど、なかなか使えるテクニックです。

ビフォア・アフター写真の比較

デジカメ接写レンズ無し
デジカメ接写レンズ有 り
×ピント合わない
ピント合う
↑同じデジカメ、同じ撮影環境で撮影し、一切加工していません。違いは、デジカメ接写レンズを使ったか使っていないか、それだけです。

結論

宝石などの小さい商品を接写(マクロ)撮影する必要があるお客様へ

デジカメの買い替えを検討する前に、一度この方法を試してみてください。

その他の商品撮影テクニックやコツ

撮影前のデジカメ設定


<まず最初に!>基本的な8つの商品撮影テクニック

 

商品撮影テクニック
商品撮影テクニック


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話・ファックス注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方