> >

戦略経営者で紹介

TKC全国会による戦略経営者2015年2月号にて、掲載されました。

 

キャッチ?商品説明?写真?まず何をみているか!

ECサイトのように実店舗で商品を触れないビジネスの成否は、ほとんど写真で決まります。

インターネットは雑誌と違い、クリックするたび無限のページが表示されますので自然とユーザーは文字を読まずに、写真や図を流し見する傾向があります。皆さんもアマゾンや楽天でモノを買うときに商品説明をじっくり読まずまずは写真を流し見しませんか?

そして写真が気に入ったら商品説明を読むという流れになっているはずです。

一眼レフも不要、才能も不要デス

では、写真を魅力的に撮影するには、プロカメラマンのような才能と経験、そして一眼レフのような高額なデジカメが必要なのか?

答えはノーです。どちらも必要ありません。

昨今のコンパクトデジカメの性能はすばらしく、ちょっとコツを覚えればだれでも上手に商品撮影できます。

いい写真は、シャッターをきる前に決まっている

よくシャッターを押す瞬間にすべてのノウハウが詰まっていると勘違いされがちですが、それは動いているスポーツ選手を撮影するプロカメラマンなどに当てはまることです。

静物をとる商品撮影はむしろ撮影前の環境づくりが成功のカギを握っています。

どんな照明を使うか

先ほど商品撮影で大切なのは妄想写真をとるための環境づくりと言いましたが、もうひとつ大切なのはライティング(どんなライトをどのように当てるか)です。

抑えておくポイントとしては、昼白色の照明を使うことです。蛍光灯でもLEDでも構いません。この色が一番太陽の自然光に近いからです。

次にディフューザーと呼ばれる薄くて白い膜です。素材は布でもトレーシングペーパーでも構いません。必ず照明と被写体の間にかませて下さい。

そうしないと点光源が面光源にならないので、被写体下部に強烈な影ができてしまいます。どれもホームセンターや文房具店で調達できますので撮影キット自体も自作が可能です。「撮影キット 自作」で検索すると結構自作している人の写真付きの情報がたくさん手に入ります。

 

商品撮影テクニック
商品撮影テクニック


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話・ファックス注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方