> > >

帽子(ハット・キャップ・ニット帽)の写真の撮り方

帽子(ハットやキャップ)のネット通販を行っている場合は、さまざまな商品撮影を行うことができます。

  1. モデルを使った撮影
  2. マネキンを使った撮影
  3. 平置きの撮影

  

モデルを使って帽子(ハットやキャップ)を撮る

モデルを使うことによって、着用イメージが沸きやすくなります。つばの大きさや似合う髪型などが一目でわかるため、お客様視点にたったベストな撮影方法です。

その際モデルの目線は、カメラ目線にしないように!カメラ目線にするとモデルが主役っぽく写ってしまいます。あくまでモデルは脇役で、主役は帽子(ハットやキャップ)です。

モデルを使った撮影方法はこちら

マネキンを使った撮影

モデルの表情や髪型など気にしなくて良いので、撮影は簡単です。帽子の立体感も演出することができます。

マネキンに帽子に合うオシャレ眼鏡をかけたりして上手に演出しましょう。

平置きの撮影

平置きでも構いません。一番オーソドックスな撮影方法です。グラデーションペーパーの色の境目よりやや白い部分に置いて斜め上から撮るのがコツです。

この写真は、アイコン ←左のアイコンの説明はこちら

[動画]キャップの上手な撮影方法

撮影時の4つコツ

  1. キャップを当社で販売中の頭部マネキンにかぶせることにより商品の立体感やかぶった印象がお客様に伝わりやすくなります。
  2. ダブルLEDは直射せずに、撮影者と帽子の中間点の床を照らします。
  3. レフ板はぎりぎりまで帽子に近づけます。
  4. 頭部マネキンは若干斜めを向けることによって立体感が出ます。

帽子の写真をとるときに気を付けること

ネットショップで帽子を販売している方は、キャップ、ニット、ハットなどいろいろな帽子を撮影することがあると思いますが、一番大切なのは、その帽子をかぶるのは「どんなファッションの人か」を想定して撮影することです。流行のかぶり方や、その帽子をかぶっている人が好きそうなめがねやピアス、マフラーを巻いてみたりしながら、よりターゲットを絞って商品撮影することがコツとなります。

帽子の後ろもお客様は気にしますので、必ず撮影しましょう。頭部マネキンは帽子とピアスを取り付けることができます。販売したい帽子に似合うファッションの演出をしましょう。

インナー部分も直接帽子を手に取れないお客様にとっては知りたい情報なので必ず裏返して撮影しましょう。

洋服の撮り方
洋服を上手に撮る方法はコチラ

洋服用の撮影キット

サンプル写真

 

もどる  次

サンプル写真

 

商品撮影テクニック
商品撮影テクニック


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話・ファックス注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方