最新NEWS:2019.11.18、【王様の撮影キット・スクエア】予約開始しました。

> > >

テカるビニール袋(光沢)の映り込み写真の撮り方

今日のご質問

ビニールの反射で撮影に困っている

主に袋入り食品(落花生)や化粧箱などを撮影しようと思っています。袋の光の反射が気になる所です。デジカメはキャノンの一眼を利用する予定でいます。また私の写す予定の商品に利用できますか?

回答

無料【写真のマンツーマンサポート】を行っている店長の友村(ともむら)です。

ナイロンの反射はプロも頭を悩ませる商品撮影です。 光を使う限り反射を100%消すことはできません。 問題は売れる写真を撮る為に、どこまでテカりを消して、どこまで許容するかです。

光沢商品の撮影について

弊社の黒レフ板を併用すればかなりテカりをおさえることはできます。

お客様が撮影

ピュアホワイトの背景紙

テカってしまう、おかしのビニール袋(光沢あり)のサンプル写真です。

お客様に見て欲しいパッケージロゴ部分が光沢で反射しないように撮影しましょう。

お菓子の袋などは、凹凸が激しいため、すべてを反射なくして撮影することはほぼ不可能です。そのためある程度の反射はあきらめ、それよりも商品の魅力が伝わる撮影をするよう心がけることのほうが大切です。(実際袋の一部が反射しているのはごく自然のことですので、お客様もそんなに気にすることではございません。)

【王様の撮影キット】で撮影する場合は、照明の真下に商品を置かずに、若干逆光ぎみに設置して、レフ板を使って撮る事が大事なテクニックです。

反射 テカリ 映り込み

もどる  次

サンプル写真

 

商品撮影テクニック
商品撮影テクニック


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方