商品レビュー
在庫限りで終了。【王様の撮影キット】はしばらくの期間入荷しません。

> > >

ステーキや生肉の写真の撮り方

ビフォア写真

↑当店のお客様が撮影キットを購入す売る前の写真です。ピントが合っていないのは論外ですが、もしピントがあっていたとしてもこれではステーキがおいしそうに見えません。

お肉そのものを撮影しようとしていることが原因です。「お客様に食べていただく料理」を撮影するというイメージで撮ることが重要なテクニックです。


お客様が撮影

当店のアフターサポートをうけてとっても上手な画像になりました。

1枚目の写真で全体像を撮影しています。このときお皿の一部やワイングラスの一部がきれていますが、気にする必要はありません。

大事なのはステーキ料理の雰囲気を伝えて、食べたいと思わせることです。

2枚目の写真と3枚目の写真で、今度はお肉のクオリティーを伝えます。しずる感が伝わってきてジューシーさをアピールするために、より拡大して撮影します。

お皿もお肉も色が淡白なので、写真全体を映えさせるための演出として緑を飾ります。これで食欲を促進する写真の完成です。

お箸でもって今にも口に入りそうなアングルで撮影すると購買意欲を高めることができます。

クールグレーの背景紙

この写真は、アイコン ←左のアイコンの説明はこちら

この写真は【王様の撮影キット】をご利用中のお客様からお借りしました。ステーキを盛り付けて料理撮影するときは、食器にも十分気を遣ってください。

今回のお客様は背景紙を上下逆さにして撮影しています。

生肉の商品撮影例

お客様が撮影

こちらの写真は、【王様の撮影キット】をご利用中のお客様からお借りしました。

生肉を上手に撮影するポイント

1、お皿を斜めに傾けて、お皿からはみ出すぐらいお肉を並べる。お皿に対してお肉の量が少ない場合は、お皿のサイズ感が伝わらず、ただ単にお肉の量が少なく見えてさみしくなるのではみ出すぐらい盛り付けて下さい。

2、赤と白の無機質な写真になりがちなので、緑の葉物を添えることで写真が華やかになります。

3、撮影直前に霧吹きで水をかけることによってみずみずしく鮮度の良いお肉に見えます。

4、【王様の撮影キット】の照明は料理撮影モードにして、左右のLEDライトを半逆光にして下さい。

お客様が撮影

ホルモンも基本的に赤みのお肉と同じ撮影方法になります。

料理の撮り方
料理を上手に撮る5つのポイントはコチラ

サンプル写真

 

もどる  次

サンプル写真

 

オーダー
商品撮影テクニック
商品撮影テクニック


ホーム / 会社案内 / サイトマップ
tel

撮影用背景紙 撮影用背景紙
背景例 詳細ページ / 簡易ページ / オリジナル背景も取付け可

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話・ファックス注文

株式会社ミジンコ
■本社 広島県呉市中央6-9-9
■呉営業所 広島県呉市中央6-7-5-1F
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>
tel 050-1561-2469
fax 0823-43-1305
営業:平日の10:00 -17:00 土日祝日は休業

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方 LINEで質問 お電話