薄っぺらい袋入り商品(平袋)の撮影方法やコツは? | 王様の撮影キット
> > > >

商品撮影テクニック

商品撮影のお悩みを投稿する  お悩み相談集1を見る

薄っぺらい袋入り商品(平袋)の撮影方法やコツは?

薄っぺらい袋入り商品(平袋)の撮り方は?

以前、ご指導いただきました。 その後、多忙を理由に?、教えて頂いた撮影が出来ずにいます。

今回は、HP画像とは別に商売で商品画像を撮影する機会がしばしばあります。 当社の商品は珍味で、平袋に入れた状態で販売する事が多いです。

平袋の場合、うすぺらく立体感はありません。 添付画像は昨夜、撮影キットで撮影しました。 添付画像は、背景紙の上に商品に隠れる程度の置物をおいて、置物に立てかけるようにして真正面から撮影しました。

そうすると、このような袋入り商品の下部(袋の下の部分)が折れ曲がってしまいチョット不満足…。 背景紙の上にポンと置いて撮影すると、ほぼ真上から撮影するような形になりどうも角度が…。 このような平袋(うすっぺらい商品)を撮影する場合のコツなどありましたらご教授お願い致します。

商品撮影の赤ペン先生からの回答

無料【写真の赤ペンサポート】を行っている店長の友村(ともむら)です。

どうもご無沙汰しています。 さっそくサポートさせていただきますね。

背景紙の色について

ご覧のようなオレンジ色の商品(しかも高級商材のようですね) には、トロピカルピンクは似合いません。背景が主張し過ぎて 主役の袋入りの鮭がぼやけてしまいます。 クールグレーやレザックベージュ、もしくはピュアホワイト背景紙を使ってみてはいかがでしょうか。

袋の歪みについて

私の考えですが、これでほぼ100点満点です。 袋入り商品は撮影時には、

・ある程度ゆがむ
・ある程度反射する

というのはごくごく自然のことです。

平袋に貼ってある商品名のラベルが見えなくなると問題ですが、商品名のラベルもはっきり写っていますし、歪みも特に気になりません。

大切なことは、これは説明写真であるということです。 説明写真とは、このような形の商品が、このような量だけ、このようにパッケージングされています。という説明をする写真ということです。

おいしそうに見せて、お客様に購入ボタンを押してもらうには、 ここから妄想写真が必要です。 中身を開封して盛り付けて、前回メールでお伝えしたような妄想写真が 必要です。

立体感について

袋を若干斜めに傾けて撮影してみて下さい。 これだけで急に素人っぽさが消えて、立体感が生まれます。 撮影時の重要なテクニックです。 例 https://www.netshop-set.com/10sample/001_100/183.html 以上お試し下さい。


[動画]反射するガラスの写真撮影方法

反射 テカリ 映り込み


サンプル写真 撮影用 背景紙
サンプル写真
撮影用 背景紙

商品撮影テクニック
料理の撮り方 アクセサリーの撮り方
ブランド品の撮り方 アパレルの撮り方
アンティークの撮り方 フィギュアの撮り方
白い背景 反射商品
撮り方の違い 撮影代行
ヤフオク スマートフォン
商品撮影テクニック

サポート

 


 

 


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話・ファックス注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方