天然石のアクセサリーを接写(マクロ撮影)するコツは? | 王様の撮影キット
> > > >

商品撮影テクニック

商品撮影のお悩みを投稿する  お悩み相談集1を見る

天然石のアクセサリーを接写(マクロ撮影)するコツは?

天然石のアクセサリーを接写撮影する方法

天然石のアクセサリーを接写(マクロ撮影)するコツは?

天然石のアクセサリーを手作り制作してブログで販売しています。例えばブレスレットの全体の写真はちゃんと撮れるのですが、石1つ1つにピントを合わせようと思ってもなかなかピントが合いません。接写モードにしているのですが、明るさが足りないのでしょうか?それともデジカメの性能の限界でしょうか?

写真の赤ペン先生からの回答

100%満足保証の商品写真の赤ペンサポートを行っている店長の友村(ともむら)です。

現在お客様が使用している撮影機材の照明の明るさにもよります。明るさが足りないとピントが合いにくくなります。明るさが足りない場合は、読書灯などの普通の卓上蛍光灯をお使い下さい。

しかし、天然石のアクセサリーなどでピントが合わない場合の原因はほとんどが、デジカメの接写(マクロ機能)の限界です。(一般のデジカメはチューリップのマークが接写機能です、ご確認下さい)

最近のデジカメは接写機能があるのは当たり前ですが、その性能はメーカーによって雲泥の差があります。高いデジカメほど接写に強いというわけではなく、メーカーや機種によって接写機能にばらつきがあります。1cmまで近づける場合もあれば、15cmげ限界の場合もあります。(たとえ15cmが限界であっても、メーカーは接写機能あり!と記載できるわけです)

今後ずっと天然石(パワーストーン)やアクセサリー、ジュエリー、イヤリング、指輪(リング)、ピアスなどの細かい装飾品の撮影をメインで行っていく場合は、投資としてデジカメの買い替えを強くおすすめします。

商品撮影におすすめのデジカメも記載しています。このデジカメでこちらの天然石のサンプル写真を撮影しています。ご参考にして下さい。


[動画]スマホでアクセサリー写真の撮り方↓

[動画]ネックレスの写真の撮り方↓

アクセサリー 撮影 テクニック

その他のアクセサリーの撮影サンプルを見る

 



サンプル写真 撮影用 背景紙
サンプル写真
撮影用 背景紙

商品撮影テクニック
料理の撮り方 アクセサリーの撮り方
ブランド品の撮り方 アパレルの撮り方
アンティークの撮り方 フィギュアの撮り方
白い背景 反射商品
撮り方の違い 撮影代行
ヤフオク スマートフォン
商品撮影テクニック

サポート

 


 

 


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方