黒いレフ板の使い方(撮影方法) | 王様の撮影キット
> > > >

商品撮影テクニック

商品撮影のお悩みを投稿する  お悩み相談集1を見る

黒いレフ板の使い方(撮影方法)

黒いレフ板の使い方について

黒いレフ板を使う撮影シーンは?

黒いレフ板はどこで使いますか?

友村店長こんにちは。レフ板のことで質問です。付属の白いレフ板と黒いレフ板がありますが、私のように料理を撮影する場合は黒いレフ板を使うことってありますか?もし使うのだったら、どのような場合にどの位置に置けばよいのか教えて下さい。

商品撮影の赤ペン先生からの回答

売上げの上がる写真の撮り方サポートを行っている店長の友村(ともむら)です。

当店の商品撮影ブース【ミニスタジオ撮影キット】には、白いレフ板と黒いレフ板が含まれています。それでは簡単に白いレフ板と黒いレフ板の撮影方法についてお話します。

白いレフ板は、ご存知の通り光を反射しますので、料理などの被写体の一部が暗くなっている場合に、その近くにおいてください。そうすれば全体が明るくなります。

反対に黒いレフ板は光を吸収していまいます。つまり暗くしたい部分がある場合に使用します。フィギュアなどはあえて左を明るく、右を暗くして、陰影をつけ立体感を演出する撮影テクニックもあります。

その他の黒レフ板の使い方としては、ビニールなどでくるまれた商品や液晶画面などを商品撮影するときに使用します。

箱入りフィギュアの例

↑レフ板を使用していない場合
レフ板を使わなかったらこのように正面のビニールに映り込みが起こります。 これだと中身の車のフィギュアがどんな形なのかいまひとつはっきりしませんね。

↑白レフ板を使用した場合
このようなビニールは、白レフ板でも映り込みを完璧には消せません。 もっとくっきり中身が見えるように撮影しましょう。そこで登場するのが黒いレフ板です。

↑黒いレフ板を使用した場合
フィルムの透明感を出し、中にあるフィギュアがくっきり見えます。

今日の結論

箱入りフィギュアや、化粧品やサプリメントなどのビニールにくるまれている商品を撮影するときは、黒いレフ板やグレーのレフ板を使って、撮影すると映り込みが減りますので一度お試しください。

白レフ板と黒レフ板の使い分け

この配置で撮影すると・・・ このように明暗が付きます。

液晶画面などのテカる商品のレフ板の使い方の動画↓

商品撮影 レフ板


サンプル写真 撮影用 背景紙
サンプル写真
撮影用 背景紙

商品撮影テクニック
料理の撮り方 アクセサリーの撮り方
ブランド品の撮り方 アパレルの撮り方
アンティークの撮り方 フィギュアの撮り方
白い背景 反射商品
撮り方の違い 撮影代行
ヤフオク スマートフォン
商品撮影テクニック

サポート

 


 

 


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話・ファックス注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方