陶器(焼き物)を物撮りしたときのテカリを消す方法は? | 王様の撮影キット
> > > >

商品撮影テクニック

商品撮影のお悩みを投稿する  お悩み相談集1を見る

陶器(焼き物)を物撮りしたときのテカリを消す方法は?

陶器、焼き物の映り込みについて

陶器、焼き物のテカリを消したい

撮影したら陶器のテカリが気になる

お世話になっております。画像の添付を忘れてましたので再送です。 ◎下記の画像をご覧いただき、アドバイスをお願いします。 作品向こうのテリをなくす方法はありませんでしょうか。また、背景紙のグラーデーションが上手に入らないのですが。

商品撮影の赤ペン先生からの回答

「売れる写真の撮り方」指導を行っている店長の友村(ともむら)です。

写真拝見しました。確かに陶器の置くの部分にテカリがありますね。 このような光沢があり、湾曲した陶器ではよく起こる現象です。

まずはテカリの原因を見つけることから開始しましょう。

小さい手鏡などをもってテカっている場所に置いてください。そうすると原因がはっきりと映り込んでいるはずです。それを取り除けば良いのです。

写真を見る限りでは、ディフューザーに付いている両サイドのレフ板のように見えます。もしそうであれば、両サイドのレフ板は使用しないで下さい。(両サイドとも、照明の真上に折り返しておいてください。) もしレフ板ではなく、窓の光や天井の光だった場合は、その原因が移りこまない場所に撮影キットを移動して下さい。

そして最後に、撮影キットの照明部分が原因だった場合は、陶器を置く位置を前後してみたり、撮影キットの両サイドバーの位置を高くして照明のを遠ざけてみてください。

なお、このように湾曲した形状なので、映り込みを100%完全に消すのは難しいのですが、それで構いません。100%消してしまうと商品の光沢感がお客様に伝わらなくなるからです。ついつい撮影者側は神経質になりがちですが、テカりを完全に消すことにあまり時間をかける必要はありません。 映り込みのある商品撮影の心構えについてをご覧下さい。

グラデーションのメリハリをつけるには、説明書の24ページのような照明設定にして下さい。 またグラデーション背景をはっきりさせる方法もご参考にして下さい。


[動画]料理の写真をおいしそうに撮る方法

商品撮影 ライト 照明


サンプル写真 撮影用 背景紙
サンプル写真
撮影用 背景紙

商品撮影テクニック
料理の撮り方 アクセサリーの撮り方
ブランド品の撮り方 アパレルの撮り方
アンティークの撮り方 フィギュアの撮り方
白い背景 反射商品
撮り方の違い 撮影代行
ヤフオク スマートフォン
商品撮影テクニック

サポート

 


 

 


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話・ファックス注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方