> > > >

商品撮影テクニック

商品撮影のお悩みを投稿する  お悩み相談集1を見る

自作撮影ブースの照明に使う最適なワット数

撮影ブースを自作するときの照明の最適なワット数

撮影ブースの自作を考えている方が一番気になるのは、照明(ライト)に使う蛍光灯のワット数ですね。

今日はワット数のお話をします。

できるだけワット数は高めに

20Wで撮影している自作撮影ブースをたまに、ブログなどで見かけますが、非常に光の量が少なくなってしまいます。光量が少ないということは、その分だけスローシャッターになってしまい手ぶれも発生しやすくなります。

できれば100W級の照明(ライト)をお使い下さい。

明るさだけじゃない

先ほどワット数、つまり明るさの話をしましたが、照明(ライト)の色も非常に大切です。部屋の天井と同じ色にすることも大切ですが、できれば昼白色をお使い下さい。ホワイトバランス調整で一番商品本来の色になることが多いです。

今日のまとめ

撮影ブースを自作するときの照明の最適なワット数は100Wぐらいが望ましい。さらに使用する蛍光灯は昼白色がベスト。

関連リンク→当店の撮影ブース【ミニスタジオ撮影キット】に使用している照明について


[動画]料理の写真をおいしそうに撮る方法

商品撮影 ライト 照明


サンプル写真 撮影用 背景紙
サンプル写真
撮影用 背景紙

商品撮影テクニック
料理の撮り方 アクセサリーの撮り方
ブランド品の撮り方 アパレルの撮り方
アンティークの撮り方 フィギュアの撮り方
白い背景 反射商品
撮り方の違い 撮影代行
ヤフオク スマートフォン
商品撮影テクニック

サポート

 


 

 
ご注文
youtube
アフター
撮影キット 選び方
開発秘話
店長の自己紹介
大切なこと

撮り方の違い
白い背景
反射商品
撮影代行
ヤフオク

売れる写真の撮り方

商品別の撮り方

目的別の撮り方


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

ネット注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

Copyright 2010 - 2020 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方