商品撮影(物撮り)のデジカメのレンズは広角と望遠のどちらがおすすめ? | 王様の撮影キット
> > > >

商品撮影テクニック

商品撮影のお悩みを投稿する  お悩み相談集1を見る

商品撮影(物撮り)のデジカメのレンズは広角と望遠のどちらがおすすめ?

商品撮影(物撮り)のデジカメレンズは望遠?

商品撮影のデジカメレンズは望遠がおすすめ?

友村さんこんにちは。●●です。いつも赤ペンサポートでお世話になっています。今日はデジカメのレンズのことで質問があってメールしました。

料理の商品撮影(一般的な物撮り)では、デジカメは広角と望遠のどちらが良いのでしょうか?デジカメはリコーのR8を使っています。

写真の赤ペン先生からの回答

100%満足保証の商品写真の赤ペンサポートを行っている店長の友村(ともむら)です。

ご質問にお答えする前に、このページを見ている方のために、広角と望遠の違いを簡単にご説明しますね。また初めてこのページをご覧の方は撮影前のデジカメ設定もご覧下さい。

  • 広角・・・一般のコンパクトデジカメでズームせずに撮影すると広角になります。特徴は、近くのモノをより大きく、遠くのものをより小さく写します。そのため遠近感が強調されます。しかし商品本来の形にならないことがあり、形状が重要な商品ではあまり使用しません。
  • 望遠・・・一般のコンパクトデジカメでズームをすると望遠になります。特徴は、もちろん遠く離れたモノを大きく撮影できることです。撮影後の商品の形状に変化は少ない。

ご覧のような特徴があり、一般に商品撮影(物撮り)では、商品からデジカメを離して「望遠」で撮影する方が多いです。

しかし、望遠ばかりで撮影すればよいというわけではありません!

商品撮影の目的は、魅力的な写真を撮ること

商品撮影の目的は、魅力的な写真を撮って、お客様に購入してもらうことです。そのためデジカメを近づけてアップで撮影したり、迫力のある写真を撮ったりしてお客様に「欲しい!」と思ってもらう必要があります。

望遠ばかりで撮影するよりも、広角で撮影した方が魅力的に写ることもあるため、どちらも織り交ぜながら撮影しましょう。


[動画]料理の写真をおいしそうに撮る方法

商品撮影 オススメ デジカメ


サンプル写真 撮影用 背景紙
サンプル写真
撮影用 背景紙

商品撮影テクニック
料理の撮り方 アクセサリーの撮り方
ブランド品の撮り方 アパレルの撮り方
アンティークの撮り方 フィギュアの撮り方
白い背景 反射商品
撮り方の違い 撮影代行
ヤフオク スマートフォン
商品撮影テクニック

サポート

 


 

 


ホーム / 会社案内 / サイトマップ

銀行振込
代金引換(手数料無料)
クレジットカード決済(手数料無料)

詳細をみる

撮影キット本体は送料無料キャンペーン中
その他は全国一律1,000円

撮った写真に不満なら全額返金

ネット注文
電話・ファックス注文

株式会社ミジンコ
広島県呉市中央6-9-9
特定商取引に関する表記

事務所 事務所

お問い合せ>>

ご注文

メインメニュー

背景紙

セット内容

お客様の声

店長あいさつ

その他

Copyright 2010-2019 王様の撮影キット All Rights Reserved.

ページトップへ戻る 売れる写真の撮り方